RB-Odyssey Absolute    オデいぢりを中心にF1ネタ等も。。。


by kurora_m
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

◆◆◆SAF1◆◆◆

e0015010_1435258.gif

[PR]
by kurora_m | 2008-05-24 01:45 | ◆F1

◆◆◆怒◆◆◆

蠅 氏んでくれ・・・


フランツ・ヨーゼフ・ヴァイグルは、スーパーアグリの財政的救済におけるホンダレーシングF1のCEOニック・フライ(51歳)の干渉を非難した。

6日スーパーアグリのチーム代表兼オーナーの鈴木亜久里は窮地に陥ったチームの閉鎖を発表したあと、イスタンブールでのトランスポーター締め出しやヴァイグルの部分買収提案の拒否などを含むフライの妨害を批判した。

ヴァイグルはドイツ誌 "Auto Motor und Sport" に「終わりだ」と語っている。

「政治の勝利だ。ひどく不運だった」

彼はワークス・ホンダの元チーム代表であるフライの妨害に嫌悪感を示した。

「ニック・フライがあらゆる手を尽くしたので、我々の契約は成就しなかった」

またヴァイグルは、スーパーアグリ担当者との最初の交渉は1月に始まったことを明らかにした。

「その後、残念なことにフライ氏と(マグマ・グループの会長)リーチ氏が妨害した」

[PR]
by kurora_m | 2008-05-08 00:29 | ◆F1

◆◆◆撤退◆◆◆

とうとう発表されました。
ヤバイかなって?思う反面、何とかなるんちゃうか?って気持ちもあったけど・・・


スーパーアグリF1チームからの声明
スーパーアグリF1チーム(SAF1)は、本日、F1世界選手権から撤退することを決定した。2006年からプライベーターチームとしてF1に参戦し、昨年はチーム結成22戦目(スペインGP)で初ポイントを獲得、2007年のランキング9位という成績を残したSAF1のF1における活動は本日、その幕を閉じることになる。

鈴木亜久里 チーム代表
「F1チームオーナーになるという私の昔からの夢を実現すべく、2005年11月にF1にエントリー申請をし、2006年よりスーパーアグリF1チームとして、2年と4ヶ月にわたりF1の世界で戦ってきたが、本日その活動に終止符をうつことになった。

多くの自動車メーカーが参戦しているこの世界でプライベーターとして戦いを挑み、昨年はチーム参戦から、わずか22戦目にして初ポイントを獲得しランキング9位となる快挙を達成することができた。しかし、昨年のシーズン初頭から、パートナーとして一緒に戦っていくはずだったSS United Group Company Limitedの契約不履行によりチームは経済的なバックボーンを失い、経営は非常に厳しい状況に追い込まれた。また、カスタマーカーに関する方向性の変化などチームをとりまく環境変化もあり、チームは新たなパートナー探しを精力的に続けてきたが、その活動は難航した。

その間、ホンダから支援を受けながら、なんとか今日まで持ちこたえてきたが、現在のF1を取り巻く環境の中で、今後も安定的に活動を継続していく目処が立たず、本日、F1から撤退するという苦渋の決断をくだすこととなった。

ここまでチームを支えてくれたホンダ、ブリヂストン、そしてスポンサーの皆様、いろいろな状況の中でアドバイスを頂いたF1関係者の皆様、チームが苦しい状況の中でも、モチベーションを絶やさず働いてくれたチームスタッフ、厳しい状況の中でも頑張ってくれたアンソニー、チーム立ち上げから一緒に戦いチームを引っ張ってくれた琢磨、そして、これまでSAF1を応援してくれてきた世界中のファンの皆様に最大の感謝を表したい」





そしてホンダからは・・・

スーパーアグリF1チームの発表を受けて
2008年5月6日(火)

スーパーアグリF1チーム(SAF1)は日本のチームとして、多くのファンに夢を提供してきました。また、佐藤琢磨選手、アンソニー・デビッドソン選手も、その豊かな才能と努力により常にエキサイティングなレースを行うなど、F1のファン層の拡大に貢献してきました。

Hondaは、2005年のSAF1設立以来、その趣旨に賛同し、エンジン提供をはじめ経済的支援を行ってきました。特に2007年以降、チームの財政状況が厳しさを増した中で、スポンサー、パートナー獲得に向けてチームとともに様々な話し合いを続けてきました。

2008年シーズン開始にあたり、チームの中期的かつ安定した運営を実現するために、有力なパートナー候補であった英国 Magma Groupとの交渉をSAF1が開始する中で、Hondaとしても様々なサポートを提案し、3者間で合意にいたる段階まで達していましたが、Magma Group及びその資金提供者から突然、計画を中止するとの通告がありました。

その後も引き続き、最善の努力を重ねて参りましたが、このたび、鈴木亜久里代表から、チームが自立した運営基盤を確立する見通しが立たず、F1活動から撤退するという説明を受けました。

SAF1のF1活動撤退は誠に残念な決定ではありますが、SAF1が自立し、将来的にも安定した運営基盤が確保できない状況ではチームの決定はやむを得ないものと受け止めました。

Hondaとともに戦ってきた、チーム関係者の皆さま、そして、応援していただいたファンの皆さまに深く感謝を申し上げます。


キレイ事並べてるとしか思えないコメント 糞やな!
俺もHONDA車乗ってるけど世間ではこれからホンダバッシング必至やろな。



この先、琢磨どうなんのやろ?
弱小チームでの去年の感動 絶対忘れへん 絶対に戻ってきてくれ
e0015010_20232847.jpg

[PR]
by kurora_m | 2008-05-06 20:25 | ◆F1

◆◆◆SAF1◆◆◆

オイオイ・・・
ホンダが難色って(`д´) 
バイグルと合意でええやん今シーズンは続けられるやろ?



スーパーアグリ資金難などでF1撤退へ
5月6日9時40分配信 日刊スポーツ



 F1のスーパーアグリが、資金難などを理由に完全もしくは一時撤退が不可避な情勢になったことが5日、分かった。鈴木亜久里代表(47)が6日、都内で緊急会見し、事情を説明する。06年のチーム創設当初から資金繰りに苦しみ、親チーム的存在のホンダなどへの債務が累積。ドイツの自動車部品メーカー・バイグルとの資本提携で合意したが、出資規模などが活動の維持に不十分として、ホンダが難色を示していた。
 参戦資金も不足し、9日開幕のトルコGPはチーム施設の搬入が認められていない。レース出走は絶望的で、ドライバーの佐藤琢磨は「(主催者から)僕たちがレースできないと聞いた。何の決定もされていないのに、なぜだか分からない」と困惑した。06年にチーム代表、エンジン、ドライバーが日本関連という「夢の国産チーム」が、最大の窮地に立たされた。

[PR]
by kurora_m | 2008-05-06 11:06 | ◆F1